2019年05月01日

袋が開かない!

野菜を切ろうとして、ビニールに入っているその野菜を出そうとしたら、
結び目がきつくてなかなか開かなかった汗
それだけでなんだかイライラしてしまい、もっとあかなくなってしまった。
やっと開いてその野菜を切ろうとしたんだけど、こんなイライラしたまま切ったら
野菜に申し訳ないなって思い(!怪しい人になってる??)、
少し瞑想なんぞしてみた。

心を落ち着かせてから野菜を切って、そして料理に取り掛かった。
この方が美味しく出来るような気がしたのは気のせい?
もちろん気休めでしかないのですがね、でも料理も気持ちを込めないと美味しくいただけないのです。
そう思って作っていたら料理の腕が多少悪くても少しは美味しく出来るでしょ?
そんなことない?
気の持ちようですよ。

今回は野菜の袋ごときでしたが、日常でなにかイライラしたりしてて、
そんな気持ちで作った料理って美味しくない気がするのです。
少なくとも自分でそれを食べたら気分はあまりよくないなー。
なので明るく楽しく料理することにしていまーす。
大事な事でしょ?ね?

2019年04月01日

ドライバーの種類

ドライバー、、、運転手ではありません(笑)、、、電動ドリルのことです。
いろいろな種類があって、用途によってなにか違うようなのですが、
今回は穴をあけたいだけなので、なんでもいいと思っていた。

でもどうやらそうでもないらしく。
貫通させたい場合のドリルは、それ専用のものがあるのだそうです。
ドライバー・マシンにもいろいろあって、それによってドリルの先も変わると。

なんとなくお店で聞いたけど、今持ってるマシンに取り付けられたらそれでいいからって
なんとなくしか聞いてなかった、でももっとよく話を聞いておけばよかったなー。
工作のことなんて分かってなかった。

マシンはなんでも穴が開くと思ってたー。

開かないなんてまったく考えてもみなかったーーーー!

最初は手間取ったけど、前は簡単にあいたのにー!
何日もこんな状態では穴をあけるのを諦めなくてはいけない。
そんなの嫌だ、途中であきらめるなんて。
がんばるぞーーー、誰がなんといっても、やるぞーー。それしかないのだ。
横でちゃちゃいれられても、私はやるのだ。
応援よろしく!(なに言ってるか分かってないよね)

2019年03月01日

サウナ大好き

寒がりなせいもあって、サウナが大好きです。
とはいえ、男女一緒になったのは少し苦手。
男女ふたりになったら何話していいか分からない。
私が行っているジムのサウナは男女一緒で、誰かが入ってると嫌だなって思います。
水着は木てしまっているので入りますけどね。

スーパー銭湯にあるサウナは男女別な事が多いけど、一緒に入るところもあって、
そういうところは苦手ですー、出来ればやはり別々がいい。

サウナに入って汗が出るまでに時間がかかるのですが、あとに男性が入ってきて、
私よりも先に出ると恥ずかし乃か(なんの紺比べだ!)
なかなかでようとしない人もいます。
女性より先に出てはオトコがすたるとでも?
くだらない競争はやめて、おとなしく出ていってほしいです。
私は汗が出にくくて、ひとりでサウナを楽しみたいのだ。
かといって先に出ると、まだ身体が温まってないから寒いんですー。
サウナに入ってくる男性よ、自分が苦しくなったらさっさと出てねーー。
そこは競争するところじゃないよーー。

ということで、居間、ちょっとしたところのサウナを探しています。
男女別なところ、というのが条件です(!)。
都会ですけど、探せばあるものですねー。
行くのが楽しみ!!遺影をきにすることなく楽しむぞーー。

2019年02月01日

カインドオブキャラクター

映画のセリフで「彼はカインドオブ・キャラクターだ」というところがありました。
ちょっと扱いにくい、というニュアンスでしたが、これって分かりにくい言葉ですね。
日本語にも「やりにくい」扱いにくい」「個性が強い」「(自分には)苦手」
というような言葉を人間に当てはめて使う事があるわけですけど、
そんな感じでした。

映画って普段のいろいろな何気ない英語会話が出てくるので勉強になりますね。
こういうスラング的なところが、ですが。

文法を真剣に学ぶ人には向かないのかもですけど、
そうじゃない場合はおおいに役立ちます。

英語の字幕付きで見てると耳も慣れてきますよ。

1つの映画でさまざまな言い回しが勉強できます、ドラマも同じですね。
なので「フレンズ」などを見ながら英語を勉強してる人も多いらしいです。

てなことで、英語の分からないセリフを教えてくださいっていう連絡がよく入ります。
その映画を見てないと分からないので、積極的に映画も見てますが、
全部見ないと分からないことも多くて、、、

(こうやってイイワケして映画ばかり見てるって噂??)

結構大変です。
でも、自分も勉強になるので頑張っていますよーー。

2019年01月02日

鼻水はすする?

鼻水が出たら、鼻をかむか、鼻をすするか?

日本人は鼻をすすりますね、人前ではぜったいティッシュにぶーーってやらない。
やると周りの人から嫌な顔されるから(?)。
マナーだから、かな。
でも欧米では、ずー、ずー、・・ってすすってるのは逆にマナー違反。
人前でもいいからティッシュにぶーーー!って出す方が健全です。

そのティッシュのゆくえ?・・もちろんポケットに逆戻りですよ。
捨てるところがあれば捨てますけど。

鼻水が出るのは、そこに変な菌がいるからと信じられています、
なので、それを身体のなかに入れてしまう、すする、という行為はよくないんです。
荒れは出すべきもの。
なので、ぶーーって出した方がいいんです。
そう思えば出したくなるでしょ?
出してるとそのうち鼻水もでなくなったりしますよ、アレルギーはちょっと違うけど。

だって菌ですから。出せばなくなっていくわけです。
(アレルギーはまた別)
風邪ひいて花がぐしゅぐしゅする時も、出せばそのうち減ってきます。
間違っても身体のなかへゴミや菌を入れてはいけないのだ。

ということで、これからは人前でも「ぶしゅーー!」って出しましょう。
皆がやれば大丈夫、そのうち多くの人がやるようになります(!???)。

2018年12月01日

くりすとふぁー

飛行機のなかで見た映画で、あの、くまのプーさんの作者の話がありました。
くまんっぷーさんの話を知らないのですが、男の子が出て来るみたいで、
あれって作者の実の息子さんがモデルらしいのです。

その息子さんとお父さんである作者のお話しです。
有名になったことで富は得たけど、息子さんは学校でいじめられたりして、
とても苦労したそうで、しかもお父さんとお母さんもあまり仲がいいわけでもなく、
お母さんは夫に「もっと書け」といって子育てをしないような親でした。

でも、物語に出てくる動物たちが話をするようになったのは
そのお母さんがしたことから、だったようですよ。
ぬいぐるみ同士で話をするのはよく親子でもやりますよね、あれがモデルになったようです。
ってことはお母さんはぬいぐるみを使って子供とよく遊んでいた、ってことですね。

お育ちがいい家庭のようです。
息子さんも身なりはよく、ちょっと女の子っぽくもあったのでh学校ではいじめにあったらしい。
そんな話になっています。

名前はクリストファー・ロビン。
でも本名は違うんだよね。

2018年11月01日

徴兵制度

イスラエルでは徴兵制度があるとかちらっと聞いて、真っ先に思い出したのが韓国でした。
韓国は徴兵制度があって、有名ですよね。
それをまぬがれるために俳優さんとか歌手はうまいことやるとか、、、
2年も活動出来なかったらスターとしてやっていけなくなる、という恐れからです。

徴兵制度がある国は、
ベトナム、イスラエル、ウクライナ、キプロス、韓国、スイス、オーストリア等、
CSTOに加盟しているアルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ロシア

だそうです、結構多いですね。
やっぱりどこの国でも行きたくないがためにいろんな理由を述べる人もいるようです。
逆にちゃんと言った方が書くが上がるけどネ、、。

もし日本でもこんなのがあったら・・・どうしますか?
男性なら「行く!」になるのか、
女性は「行くなら分かれる」なのか、、。
2年なんてすぐですよ、その間一緒にいたって分かれるかもしれないのに。
難しいけど、行くべきなら行くべし、って思う。

行きたくない、としても、スターの座が、、とかそんなアホみたいな理由は聞きたくないなー。
行って帰って来てくれた方がスターではないかな。
そう思いません??

2018年10月01日

スピリチュアルな旅

バリ島といえば、ほとんどのオーストラリア人は、
Lonely Planetが「オーストラリアで実際には見られない低俗なオズのゲットー」と表現するクタを考えます。

酔っ払いは、夕焼けやサーフィンの方法に慣れている
クタのビーチを取り囲むクタのパブや格安ホテルなど、
狭い路地の狭い道を通った宿などの危険にさらされる感じのイメージですが、
バリ島で最も人気のある観光地はここになります。
そして私が探していた平和も、、、ここにある。

クタはひどくおかしい観光地の例ですが、クタとバリ島は再び魅力的な文化が著しく回復して
バリ島で毎年250万人の観光客が訪れると考えられています。
観光の島なんです。

そんなバリ島のスピ系なツアーがありまして、
最近見つけたのはゴアガジャでの瞑想。

日常生活は依然として儀式によって始まります。
バナナの葉からカヤンと呼ばれる魅惑的な小さな品物が作られて、
毎朝バリのいたるところに、あらゆる隅々や風化した像に神が現れます。

それぞれのチャナン(お供え物)は違い、私が話していることは、
あなたが今までに提供したものは心から来ているということです。
神聖な水が捧げ物に振りかけると、神が来て知恵を得ることを知らせるために香がたかれます。

スピ系なのでなんだか分かりにくいけど、、、そういうことです笑

2018年09月01日

マット

マット・デーモンさんっていう俳優さんの映画を見ていました。
若い時のもので、有名な「グッド・ウイル・ハンティング」です。

身長は高くないけど、この映画に出ているもうひとりの主役ともいうべき
ロビン・ウイリアムズさんも背は高くないし、釣り合ってた、っていうとおかしいけどバランスが取れていたように思います。

ウイル(マット・デーモン)の相棒、親友役のチャッキー(ベン・アフレック)も若くて恰好よかった。
彼の方が興味あるかも笑

彼は身長があるんだよね。
ロビン・ウイリアムが演じるショーンの仕事がたき(?)の俳優さんも身長は高い。
こうなると、この4人でバランスとったか??とも思える。

以前、ニコール・キッドマンが出てる映画の相手役が小さくて、
(というか、普通なんでしょうけどニコール・キッドマンが高すぎるのさ)
一緒に撮影するシーンでは必ずどちらかが座ってた、なんてこともありました。
気を付けて見ていないと分からないですけどね笑

さてマット・デーモンに戻すと、最近彼の映画は悪い人をやることが多くなってきたように思います。
飛行機のなかで見た映画も、奥さんを殺して、、っていうストーリーでした。

恰好いいけど、ふぉみりーほのぼの、、って役をやるタイプではないのかもです。
すっかり白髪も増えましたし。

それにしても格好いいし、演技力は抜群。
これからも期待しています!

2018年08月01日

スパイのお話し

映画「ブリッジ・オブ・スパイ」を見たのですが、トム・ハンクスがしぶくて恰好いい!
でもトム・ハンクスがスパイ役ではなくて、そかもこの映画はスパイそのものの話でもないのよね。

スパイがスパイをするという話ではなくて、スパイが捕まった、
でもその弁護を白と言われてするんだけど、していくうちにスパイと交友関係を持つようになり、
死刑は免れるし、そのスパイは

「いずれアメリカ人がロシアやドイツで捕まったら交換できる」
という話が現実になって、スパイ同士を交換させる、
という話です。
橋の上で交換されたのでブリッジ・オブ・スパイ、という題名になってるんです。
この映画は冷戦時代の話で実話をもとにしているので、
おもしろいですよ。

もし見てなかったら是非見てくださいね。

さてそのトム・ハンクスですが、いろいろな映画に出ていてどれも素晴らしい。
本当にいい俳優さんです。
そう思うでしょ?

なにやらせてもしっかり演じて、監督さんも大絶賛だそうです。

カテゴリー

   
Powered by
Movable Type 3.38